DC-HC1を導入してみた

キャプチャボード DC-HC1を導入してみた!




 いままでスクリーンショットは携帯かデジカメかGV-USB2を使ってたのですが画質もイマイチで撮りたいときにすぐ取れませんでした。いつもはHDMI接続なのでスクリーンショットを撮りたいときには電源を落としケーブルを変更する必要がありました。分配器を使ってパソコンとTVに出力を分けるのもいいのですがわざわざHDMI出力のモニターに720x480を写すのも抵抗がありますね。

そんな訳でVIPで初心者がゲーム実況をするには@Wikiを参考にDC-HC1を導入して見ました。

DC-HC1の特徴は、HDキャプチャーボードは値段の高いパーツで、その中で安値なのが一番の理由です。
この製品はHDMIのみ対応なのでPS3とX-boxしか使えないってデメリットもあります。

PCの性能にも引っ張られると思いますが、若干音われが出るものの快適にプレイすることが可能です。
裏で録画も問題なく可能でコマ送りで動画を確認したりスクリーンショットに加工なんて事もできます。

使ったPCの性能
 windows vista 64-bit
 CPU i-Core7 920(2.66G)
 Memory 9GB
 graphics board GeForce GTS250
 Monitor 24インチワイド

もう少し有益な情報になる様に情報をまとめて続報します!

聞きたいことあればお知らせください。
関連記事
Category: [いろいろ]番外編
Published on: Sun,  11 2012 02:20
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment